プロフィール

【親子留学・ジュニア留学】留学1年後の子供達の英語力

1年後の英語力

3人子連れ親子留学中のTakakuma です。

あっという間に、1年と1か月が経ちました。

去年のこの時期は、学校に通い始めてまだ1か月で、

長男に関しては、学校に行きたくないと言ったり…

毎日心配でたまらなかったのを覚えています。

今はというと…

毎朝 文句も言わずに、サクッとと準備して行くほど、学校は日常的になりました。(ホッ)

さて、カナダに来て10か月頃に 留学1年未満の子供の英語力についての記事 を掲載したのですが、

見ていただけたでしょうか?!

 

今日は それから3か月後。 カナダに来てから13か月経った我が子達の英語力と、

1年経ったので 始めた学習についてを公開したいと思います。

※我が子の留学前、日本での英会話は ほぼゼロです。

長女(まもなく13歳)の英語力

現在も引き続きミドルスクール(中学)のGrade7に 通っています。(日本では間もなく中2)

学校ではEAL(英語の補修クラス)の授業も引き続き受けております。

余談ですが、カナダでは何か国語も話せる人が沢山いるので、英語がsecond languageとは限らずESLではなく、EALと呼びます。(English as another language)

学校には、韓国、ヨーロッパ、中東、インド、中国などの子供達が在籍しています。

(日本人は娘一人)

12月末、中間成績を持って帰ってきましたが、去年の夏に貰ったレポートカードと比べても全体的に成績は上がっています。

とは言っても 初めの成績が低かったので上がるしかないのですが(笑)

 

ちなみに娘の学校では成績(Grade)を、A B C

(厳密にはA₊ B₊ C₊ A- B- C-もあります)で表します。

C-より下は、 fail(落第)という意味で、その教科に関しては成績が付けられないという意味です。

留学生に関しては、最低がC-で、語学力により授業についていけない場合は その科目は受けずに、代わりにEALのクラスを増やされたりします。

日本の成績表と違って、各教科それぞれ、担当の先生からの細かいコメントも掲載されます。

成績表を見る限り、英語力が上がってきてから、学校の授業にもついていけるようになり、

学習意欲が湧いてきて、結果 成績も上がった。ような流れではないかと推測されます。

 

英会話に関しては、年齢的に思春期真っただ中と言いますか…

特に私の前で英語を話す気恥ずかしいがあるようで、彼女が会話をしているところはあまり目にすることはありません(-_-;)

ただし、長女の英語の手助けになっているであろうと考えられる事は1つあります。

それはやはり親友の存在です!

親友とはよく会話をしていて、意思疎通は問題なくできているようです。

学校の授業ではフランス語が必修で、英語に加えてフランス語とは… 大変そうですが、

なんとかついていっています!

感想

中学生以上のお年頃の女子にとって、友達関係は殆ど学校生活の全てと言うほど重要な存在です。

その為、学校に親友と呼べる友達が出来たことは本当に嬉しいことです。

学校から帰宅してからも長時間チャットをしたりしているのが気にはなりますが…

大目に見てます…

会話はもっぱら、ファッション、化粧、男子の話が多いようです。

これは万国共通のティーンネイジャーの話題ですね。

中学生以上からの留学においては、とにかく英語を話す環境は友達の存在無くしては厳しいので、

親としては、日本のように殆ど校則もありませんから、

なんでもかんでも禁止せずに 友達との話題になりそうな面においては理解を示す努力も必要かなと思いました。

英語に関して言えば、1年で だいぶ 安定して、私も多少安心してきました。

子供は一桁台に留学した方がいいと聞きますが、それはそれなりに当たっていると肌で感じています。

但し、12歳できた娘も高校生から留学するよりは遥かに伸びが早いと思っています。

自宅学習

もう13歳になりますので、英語以外に関しても私が教えることは殆どありません。

自ら予習や読書をしています。

基本的に算数に関しては日本の学習の方が進んでいるので、すでに日本で習った問題が多く、初めは簡単に感じられるかもしれません。

しかし、娘の場合もだんだんとその溝も埋まってきています。

 

本人曰く、日本人としての自覚があるようで、「バカだと思われたくない」 そうです。

これって、英語学習以外に意外に大切なことだと思います。。

この年齢で、日本人として 恥じない言動を意識しているとは少々驚きでした。

留学してからこそ感じる「日本人としての誇り」とでも言いましょうか。

子供も国際人として成長している証ですね…

この点はまだ幼い小学生以下の弟妹にはない意識です。

と言うわけで、私がガミガミ言わなくても机に向かっているので このまま経過観察しながら

アドバイスできる面はしたいと思っています。

英語に関しても、あまり口出しはしない方がいいと感じています。

これまで何年間も英語の勉強をしている日本人がほとんど英語を話せないように、

間違えた教え方で同じ道を辿らせるわけにはいきません。

親の余計な口出しは要注意だと感じています。

長男(7歳)小学生の英語力

以前からお伝えしているように、

長男は私の子供達3人の中でも 最も英語の伸びが遅い子だと思います。

少しづつ話せるようになってきていますが、やはり ペラペラには程遠い感じです。

子供だから1年でペラペラは全員に当てはまらない!

を実証してくれました…

ただし、学校の友達とのリスニングに関しては、だいぶ上達してきました。

成績も上がってきています( ^^)

毎朝、英語のアニメを見てから学校に行きますが、けらけら笑ったり、理解はしているようです。

感想

なにより、彼の一番凄いところは、海外にいてもなぜかとっても堂々としていることです。(笑)

実はこれが意外に大切なのかもしれないっと彼から私が学ぶ点は多々あります。

なぜかというと、それは友達が沢山いるからです。

プレイデートや誕生日会にもよく誘われます。

学校では休憩時間に5年生にサッカーの試合を挑んだりしていて…

あまり上手ではない英語で、声が大きいので、どこにいるのかすぐにわかります( ̄▽ ̄)

泣きながら、学校に行きたくない。と言っていたのは昔の事のようです。

英語に対する抵抗もあまり無いので これからの伸びに期待をしたいです。

自宅学習

さて、そんな長男ではありますが、

学校からの読書の宿題をきっかけにして、自宅でも読書をするようになりました。

本当に薄~い本から始まり、時間は掛かりますが、

SCHOLASTICから出ているI Can ReadシリーズのMy First Readingを卒業し、現在 BEGINNING1 を読んでいます。

読み始めにおすすめの本

字が大きくてストーリーが面白い!

レベル分けされているので進めやすい

このまま読書は続けていきたいと思っています!

次女(4歳)の英語力

最後に末娘の英語力。

10か月目で既に 発音はものすごく良かった娘ですが、

1年経って、

家でも英語を話すようになってきています。

よく、(小さい子は特に)家では絶対に日本語を話させるべきと聞きますが、

我が家では、家でも自由にさせております。

その為 末娘に関しては家では40%くらいが英語での会話になっています。

語彙数はまだまだ少ないと思うのですが、子供同士の会話は普通に通じるまでになりました。

今年の9月から幼稚園に上がります。

現在はそれに向けて、すこ~しだけ 読み書きを練習しています。

飽きやすく、長く座ってくれないので、何か工夫しなければならないと思考中です。

まとめ

こうして3人見ていると、

やはり子供に関しては、

どれだけ英語に触れる時間が長いかが重要です。

うちの場合は保育園に通っている末娘が一番英語に触れている時間が長いです。

 

発音に関しては、子供は聞いたまま覚えて、口に出すので、

初めにネイティブの発音 を聞くことは

個人的には、非常に重要だと思っています。

 

期待していた 数ヶ月でペラペラ は

我が家の場合は当てはまらなかったのですが、

緩やかに、順調に 伸びてきているので、これからの子供達の成長に期待しています。

これからも英語力を観察していきます

目指せ バイリンガル!

 

今日もお付き合いありがとうございました!

モチベーションアップになります! ポチっと応援 よろしくお願いします!


カナダランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

コメント

  1. ちこ より:

    こんにちは!私の娘も中学生で留学しています。1年経ちましたがペラペラになるにはまだまだです。
    ESLを終わり、やっと本科の授業に参加しますが本人は楽天的。成績も気にしないので語しゅうも劇的には増えません。

    こちらのブログを読んで、励まされます!有り難うございます!

    • takakuma takakuma より:

      ちこさん、コメントありがとうございます!

      子供達の語学力はそれぞれペースは違うとは言いますが、「留学すればしゃべれる。」「子供は早い」など、根拠のない迷信も世に出回っていて惑わされますよね。

      ただ海外に居ながら楽観的で、学校を嫌ががらずに行けていることは、素晴らしいです!

      私も様子を見ながら さりげなく読書を促してみたり試行錯誤しています。

      お互い頑張りましょう!