プロフィール

【留学準備】ロングステイ長期親子留学できる国 <1年半前にしたこと>

長期滞在できる国

さて、娘の “突然の一言” から 始まった (留学約1年半前の出来事・前記事を読んでね♪)

長期親子留学のリサーチ

想像以上に大変でした…

 

これを読んでるあなたはこれラッキー( ´∀` )V

 

 

とりあえず、調べなければならない事は 山ほどありました…

まず取り掛かったのは、

親子留学できる国はどこなのか??

 

・短期ではなく1年以上の長期滞在であること

・子供の留学と共に、親も滞在出来ること

 

ネットを駆使して検索した結果、

 

オーストラリア
ニュージーランド
カナダ
マレーシア
タイ
フィリピン
シンガポール

 

が 親子長期滞在可能国として 上がりました!(*自身の調べによる)

 

この時 ヨーロッパの選択肢はなかったので、ヨーローッパは除外して調べた結果です。また、VISAの規定は各国の状況により突然変更しますので、その点はご了承くださいね。

※補足※ マルタ島・フィジーでも可能だそうです!

 

そうここでお気づきであろうか…

 

アメリカ が無い!

アメリカは子供に学生ビザが出たとしても、同行する親のビザは出ません!

やはり アメリカ… 厳しい (>_<)

 

チアリーディング = アメリカ 

と考えていた私は なんとな~く アメリカ だろうと考えていたので、

早くも 壁にぶつかったわけです…

 

東南アジア諸国は何となく リーズナブルな留学先として メディアなどでも取り上げられるのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

私自身も数年前に あるドキュメンタリー番組で見たことがありました。

当時は、「いいな~ 魅力的だな」なんて軽い気持ちで観ていましたが、まさか 実際に本気で考えるようになるとは。。。夢にも思いませんでした。

さて、

東南アジア以外にも 親子留学できる場所があると分かって アメリカは早くも外れてしまったけれど選択の幅がやや広がりました。

 

では一体、この中から子供に合った留学先は…どこなのだろうか?? 

 

続… ➡留学先をどこにするのか。







オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。



コメント