プロフィール

留学と英語力 1年以内の海外生活で子供の英語力はどのくらい伸びるのか

10か月までの英語力

私と子供たちがバンクーバーに来て 約10か月半が経過しました。

ブログを書き始めた最初の記事でもご紹介した通り、我が家の留学のきっかけは単に英語力向上の為のいわゆる語学留学ではないのですが

それでも、英語圏の海外にいる以上、英語力は身に着けてもらいたい! という思いはあります。

 

今回は、 我が家の3人の子供達 女4才、男7歳、女12歳 (当初3才・6歳・11歳)が 今現在、それぞれどの程度の英語を今現在 身に着けたかについてご紹介したいと思います。

過去に遡って記憶を辿りながら書いていきたいと思います…

★カナダ生活1か月目

子供の様子

3人とも ほとんど聞き取れない。意味もわからない。話せない。

ひたすら 聞くのみ。

特に6歳長男はホームシックで、「学校に行きたくない」と朝から大騒ぎ…

 

幸いにも、すぐに3人とも仲良しの友達が出来たが、(クラスメートに日本人はいない

ほぼジェスチャー(笑)で過ごしている様子。

 

感想

話が出来ないのに、なぜ友達が出来るのか…私には不思議ですが、子供はそこが大人と違うんですね~

1週間ほど「行きたくない」と、騒いでいた息子ですら、ぴったり寄り添ってくれるクラスメートに幸運にも出会えました!

ただ、その子が学校を休んだ日は「つまらなかった」と言ってました(T_T)

★2~3か月目

子供の様子

6歳長男・12歳長女…2人とも初めてお友達の誕生日会に招待されたり、遠足に行ったりして学校、友達に慣れてきました。

まだ3人とも基本的な挨拶とYes,Noくらいしか出ない

英語・環境に慣れて 緊張している様子は無くなった

頻繁に学校で聞く単語を少し覚え始める

 

3才次女…英語は出ないものの、週に2日のデイケアを楽しんでいる様子。

泣かずに行ってくれたことだけで安心しました。

 

感想

ここでも、子供の生活環境への慣れる驚異的スピードにびっくりさせられました。

長女は誕生日を迎え12歳になりました! 誕生日会 は開かずに 家族だけで楽しみましたが、

学校に到着するとロッカーに誕生日メッセージと風船が飾られていて 嬉しかった ようです。

「やさしい♡」

私もちょっと安心しました。

★4か月~5か月目

子供の様子

4才次女… 4歳になったので、週に2日だったデイケアを週3日に変更

お友達が沢山出来て、片言の英語で遊ぶようになる。とにかく、楽しそう。

 

6歳長男… 学校が終わった後、友達とPlaydate (友達と個別に約束して遊ぶこと)の約束して学校のプレイグランド(校庭)で鬼ごっこをして遊ぶようになる。

言葉数は相変わらず少ないが、友達が増えた。

遊びは言葉を必要としない 鬼ごっこやLEGO が中心。

 

12歳長女… 学校の友達とSNSでつながる。チャットや、ビデオトークをするようになる。

英語力は未だ乏しく、話し方もスローだが、大体の意味を理解している様子。

 

感想

長女がインスタなどSNSを利用して、学校の友達とチャットをしたり、ビデオ通話をするようになったことに驚きました。

私も含め、SNS依存は問題だな~と思っていた矢先、友達とつながるツールである、SNSも悪くないな…と思ったのでした。

★6か月目 (半年!!)

子供の様子

4歳次女… デイケアに慣れて来たようで、英語を自分から発するようになる。先生の真似をする。英語の発音はいい。

6歳長男… あまり進展はないが、本に頻繁に出る単語を覚えはじめる。アルファベット(大文字と小文字)書けるようになる。

12歳長女… 2,3時間、仲良しグループの友達とショッピングモールに行ったり、学校外でも遊ぶようになる。

 

感想

6歳長男が7歳になりました。 英語もままならないのに、誕生日会を開きたい!と言い出しました(笑)

子供って度胸がありますね

私の方が準備ができていなかったので、来年にしよう!と言い聞かせました…

 

★7~8か月目 (夏休み)

子供の様子

4歳次女… 夏休みも週3のデイケアに行く。 先生の言うことをほぼ理解している。

「where ~?」「What ~」「I want ~ 」などの簡単な短い文を話すようになる。

 

7歳長男… 小学校が長い夏休み突入。

地域のコミュニティーセンターで9時~15時のDay Campに数日間 参加する。

10日間ほど サッカーキャンプに参加する。

自分より英語が出来ない生徒がいた為、リラックスしている様子…

Camp以外はほぼ日本語で過ごす。

 

12歳長女… 中学校が長い夏休み突入。

英語の本を少し読む。

日本のYou Tubeなどを見ることが増える。(半年経って少しホームシック⁈)

学校の友達とSNSで連絡を取って、2,3回 映画に行ったりして遊ぶ。

 

感想

とにかく夏休みが長すぎる…

この間に 主人や娘のお友達が遊びに来てくれたので、バンクーバーの観光地はほぼ制覇。

楽しい思い出となりましたが、ほとんど英語を話さないまま終了してしました(>_<)

★9か月目 (新学期スタート)

子供の様子

4歳次女… 9月から 週5日フルタイムで通うことになり、言葉の数が明らかに増えてきている。自分の状況を先生に説明しようとする。英語を自主的に話す。英語の歌を口ずさむ。

 

7歳長男… 英語の進歩が3人の中で最も遅い

学校の先生の言っていることは ほぼ理解している様子。

新学期に入り、担任とクラスメートが変わる。

あの仲良し君が引っ越してしまう。

担任から薄い絵本のリーディングの宿題が出るようになる。

ようやく学校で習った歌を少し口ずさむ。

サッカーチームに入る。コーチの言ってることが分からない。友達がいない と泣く

 

12歳長女… 夏休みのせいで すこし英語に躊躇していたが、少しづつ 以前のように学校にと馴染む。クラスメートも変更したが、新しい友達ともうまくやっている様子。

 

感想

9か月目に入って、3人の英語の伸びがやや顕著に見えるようになってきました。特に長男はなかなか文にして話が出来ません。単語 単語 で話してます。

それに比べて フレーズで覚えている次女は文として英語を文で話すようになってきました。

長女はネイティブの早い英語のリスニングが大体聞き取れるようになってきました。 たまに買い物で私が聞き取れなかった英語を教えてくれます (笑)

長男にとっては少し厳しい時期でした。仲良しだった子が引っ越してしまったこと。 新しい担任の先生が厳しい先生になった事。地域のサッカーチームに入った事。

それでも がんばる息子に力をもらう 母でした…

★10か月目(現在!)

子供の様子

4歳次女… 簡単な会話らしいものが出来るようになる。 家でも時々英語で話し始める。

「Do you need help?」「It’s heavy」「it’s raining outside」「I can carry it by myself」などなど。

私が末娘の荷物を手助けしようとした時に、「I don’t need any help」と言われました!『any』 をちゃんと挟んできたのでちょっとびっくりしました。

あとは 何といっても 発音がとてもいいです!

語彙数もまだまだ足りないはずですが、友達とも先生とも不自由なく会話している様子で羨ましい限りです。

 

7歳長男… 単語を少しずつ読めるようになる。

末娘のように文章らしく続けて話すことができない。

鬼ごっこ以外の遊びや、ポケモンカードなどで遊ぶようになる。

PCで算数の問題を自分でやる。算数は得意な様子。

学校のお昼休みは数名の友達とサッカーをして遊んでいる。

 

12歳長女… 友達との早い英語も大体は聞き取れている様子。発音が良くなっている。

友達とガールズトークをしている。学校の難しい授業はまだ完璧に聞き取れていないそう。

 

 

感想

新学期が始まって1か月、色々と新しい事が始まりましたが、3人それぞれが なんとか頑張ってくれています。

特に長男は地元のサッカーチームで頑張りを見せ始め、片言の英語ですが、チームメートと協力してプレーをしています。

今では、チームメートから信頼されるようになりました。 子供は英語力も大切ですが、スポーツは大きいな。っと感じました。

 

自宅での英語学習について

4歳次女… 何もしていません!

7歳長男… 簡単な薄い本のReading と 算数の計算問題をPCゲームでするだけ

12歳長女… たま~に学校の宿題 EALの課題

 

1年間は早く環境に慣れる事に焦点を当てたかったので、今のところ、英語の勉強の無理強いはしていません。

故に、ほぼ勉強してないですね…((+_+))

1年間経過後の英語の伸びを見て、これからのことを考えようと模索中です。

 

今 10か月を思い返して思うこと

というわけで、 子供は、「6か月でペラペラよ。」「3ヶ月で話していた」 とかよく言われますが、我が家に当てはめると はっきり言って、

 

そんなことなかった… 

 

3人それぞれが年齢も成長の速度が違いますし、性別、兄弟が居る、居ない等の環境も関係していると思います。

 

それと、7か月目で2か月の夏休みに入ったことは英語の大きな妨げになったような気がします。

 

とにかく我が家にとっては、

 

 6か月でこれしか話せないんだ。 」 という印象でした。

 

そして、大きく成長を感じたのは 長い夏休みを挟んで学校が始まった9月からです。

 

色々な情報がネット上にも転がっていて 留学生の場合、ついつい焦ってしまうのですが、

私は「1年間は様子見」と自分に言い聞かせるようにしています。

 

同時に思うことは、10か月でこの程度ならば、1年間の留学ではちょっと足りないかな、ということです。

おそらく「これからいい感じ!」で帰国…

 

ただし、息子の学年にちょうど同じ時期に来た韓国の男の子がいますが、その子は 10か月でもかなり上手に話しています!!

 

なぜならば、その子はカナダに来る前に、韓国でインターナショナルプリスクールに3年間通っていたからです。

 

つまり、海外に来る前に英語に少しでも触れていた方が、留学後の伸びは飛躍的だと言えると思います。

 

1年間という限定で海外留学を計画している方は、日本での頑張りで上達のスピードが上がると感じました!!

海外留学1年間で日本に帰国しても、努力次第で維持もしくは向上出来るかもしれませんね。

 

3人を見てきて分かったことは、一番下の娘が何もせずに、遊びながらあっという間に英語を文で話せるようになった事と、発音の良さです。

おそらくこれは、小さい子供は英語の「音」を聞き分ける耳があるからだと思います。 音を聞き分けてフレーズで真似する。これだけでどんどん話せるようになります。

ただし、所詮子供なので、語彙数や言葉の使い方の幅は狭いので、まだまだこれから。という感じですね。

いづれにせよ、小さいうちに英語に触れておくことは 小学校で英語で授業を受ける上でも、非常に役立つような気がしています。

だだ、継続しないと、割とすぐに忘れるでしょう…ね…

 

我が家の場合は 英会話の経験ほぼゼロでカナダに来てしまったので、これからの子供の成長を 長い目で見守りたいと思います。

ガンバレー!!

 

子供の1年以降の英語力もブログでも共有していきたいと思います!よろしくお願いします。

 

本日もお付き合いありがとうございました。

モチベーションアップになります! ポチっと応援 よろしくお願いします!


カナダランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント