プロフィール

2年目の英語力とコロナ期間に気が付いた子供の英語力のはなし

2年目の英語力

いよいよ2020年6月1日よりほとんどのBC州の公立学校が約2か月半ぶりに再開します

我が家の幼稚園生と小学3年生はとても楽しみにしています!

ただし、登校は義務ではないので、行かせなくて大丈夫です。

普段、留学生に関しては、出席日数を記録している学校が殆どですが 今回のような前代未聞の状

況では欠席しても問題はありません。

ちなみに、留学生の欠席日数については 欠席してもいい日数が明確にあるわけではなく、学校に

より様々です。

いずれにしても、欠席が多く学校から問題があると思われてしまった場合は 学区の留学生を扱う

オフィス連絡が行くようです。

親が付き添う留学ではあまり問題になることは無いと思いますが、年齢が高くなるにつれ、特に高

校生またはホームステイ等では欠席日数が多い事が原因で、退学…そして強制送還になることがあるそうですのでお気を付けください。

さて今回は 今回のコロナ パンデミックの間に感じた子供達の英語力についてお話したいと思います。

2年経った子供達の英語力

今回のコロナによる休校が決定したのは、カナダに来て、おおよそ2年3か月目の事でした。

早いことに 前回、1年目の子供達の英語力の記事 から1年以上経っていました。

(更新せずにスイマセン…)

まずは2年経った時点の子供達の英語力についてですが

長女 Gr8 14歳

2年経って 一番上の長女は Gr8になりました(日本では中2)

娘の課題はもっぱらLaptopで行うものが殆どになり、課題の提出もオンライン上でします。

カナダで購入したLaptopなのでもちろん英語ですが、難なく使いこなしています。

課題は調べてまとめ、自分の意見を述べるような形式が多いそうです。

学校ではPower PointとWordは頻繁に使います。

日本でも中学生はパワポ使うのですかね? 私がパワポを使えるようになったのは社会人になって

からです…そしておそらくもう忘れました(*_*)

科学に関しては難しい単語が容赦なく出てくるそうですが頑張ってます。

こんな感じに学校の勉強はGr8になると 一段と難しくまた課題も増えました。

時々文句を言いながらやってますよ

外国人の為のEALはまだ通っていますが、一番上のクラスになりました。

Gr9でもEAL クラスに通うのかについては今のところ不明です。

親友もでき、放課後に遊んだり、ショッピングモールに出かけたり、お泊りしたり、有難いことに

普通の学校生活を楽しめるまでに成長してくれました!

息子 Gr3 9歳

子供達の中でも特に英語の発音も成長の遅い息子。

のんびりですが、2年経って先生や友達とのコミュニケーションもできるようになり、

殆どの教科に積極的に参加できるようになりました。

息子にも親友ができ、放課後に遊んだり、お泊りをしたり、イベントに参加したり、とても楽しん

でいます。

家では、薄い本を読ませるようにしているので、まだまだですが 自分で読めるようになり、単語

も少し書けるようになってきました。

末娘 幼稚園児 5歳

好奇心の強い末娘は、積極的に幼稚園の授業にも参加しているようです。

ただ、すぐに質問をするらしく… 中間報告で、手を挙げてから質問するように先生に注意されて

しましました(笑)

やはり デイケアに約1年通ったおかげで、英語に関する悩みは特になく現地の子供達がアルファ

ベットを習うタイミングで一緒にスタートできたので覚えも比較的早いです。

家でも英語半分 日本語半分と言う感じでした。

コロナの2か月半で変わったこと

前代未聞の緊急事態で休校になり、4月からリモートスタディになりました。

学校からの課題は出ますが、ぼぼ室内で過ごす事になりました…

初めは喧嘩していた次男と末娘も、状況を察したのか自由時間は一緒に遊ぶようになりました。

が、しばらくして気づいたのです。

徐々に英語を話していないことに…

特に顕著だったのは末娘で、家でも半分は英語で話していたのですが今はほぼ日本語で話ていま

す。長男は元から家では日本語でしたが、英語のテレビ番組をみたり、英語のオンラインゲーム

をしていましたが、日本語のYouTubeがメインになってしまいました

学校からの英語の宿題はきちんとやっていますが、極端に英語に触れる量が減ってしまった為、た

ったの2か月半でこんなにも変化がありました(>_<)

ここから学べたことは、日本に帰国した場合でも、子供のスピーキング量を保ってあげないと

スピーキング力は想像以上に急速に落ちそう と言うことです。

留学をしているので、やはりこの事態は避けたいです…と言うわけで、安全第一なことは承知です

が早く学校に戻ってほしいです。

(本当に、今回の件は 中国とWHOの責任重いですよね…)

長女は課題の量が多くなり 部屋に閉じこもるようになりました。

そして、昨日 久しぶりに親友のご家族に湖に連れて行ってもらいました!

ジェットスキーやバナナボートをしたそうです(贅沢!)

英語久しぶりに話したそうですが、本人曰く 大丈夫だったそうです。

もしかしたら、学校に戻ればまたすぐに話すようになるのかもしれませんね。

そう願いたいです…

これからも子供の成長を観察してシェアできればと思います。

今日もお付き合いいただきありがとうございました!

instaでも情報発信してます! 

モチベーションアップになります! ポチっと応援 よろしくお願いします!


カナダランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント