プロフィール

【親子留学・ジュニア留学】カナダの薬局で購入可能・常備薬

カナダで頼れる薬

カナダで3人子連れ親子留学中のTakakuma です。

前回の記事で カナダの健康保険と病気になった時について 書きました。

やっぱり何をするにも「健康第一」と痛感したわけですが、

気を付けていても、特に子供は高熱が出たり、風邪をひいてしまったり、、、

変な菌を貰ってくることが十分に考えられますよね。

カナダは医療に関しても先進国なので、薬も薬局で十分に手に入るので安心です。

我が家は、なるべく自力で治すように心掛けていますが、

時には薬に頼ることもあります。

只今、ちょうど留学して1年経ちましたので、その間にお世話になった

薬局で購入可能な薬をご紹介したいと思います。

私は医療の専門家では無いので、あくまでも 参考程度にお考え下さいね。

一般的な総合風邪薬

  • Advil(アドビル)子供用
  • Tylenol(タイノール) 子供用

アドビルもタイノールも、かなりメジャーな薬です。

とりあえず、通常の風邪に関しては

この2つのどちらかがあれば安心です。

種類がものすごく多いので探すのがちょっと大変かもしれませんが、

箱の表面に Kids とか Children とか junior(子供用)と書かれています。

ちょうど今、薬を切らしていて画像が無いのですが(*_*;

また手に入れた際には画像をアップします。

ちなみに大人の私もお世話になっています。↓

Tylenor

昼用と 夜用で錠剤が別れている強い効き目のタイプです。

ワンオペの私はとにかく早く治したいので、

このExtra Strength です(-_-;)

今のところ、大体2.3日でなんとかなっています。

ちなみに、

普通の風邪=Cold

インフルエンザ=Flu

です。

夜のつらい咳

風邪の症状の一つですが、

子供の咳が激しく 特に咳で夜に寝れないようなときにお世話になりました。

薬剤師さんに相談して購入した薬です。

Benylin for children

2日で咳はなくなりました!

気になるのは 味が バブルガム (笑)

外国らしい!

嘔吐・吐き気・めまい

先日の腸の病気で、息子が吐き気を訴えた際にお世話になった薬です。

こちらは病院の医師のおすすめで購入しました。

吐き気や嘔吐以外にもめまいがするなど、衰弱しているときに効く薬です。

ラムネのように 舌で溶かすタイプで子供も無理なく服用できます。

Gravol for kids

 

解熱・鎮痛薬

2歳から服用可能なアセトアミノフェン配合の子供用

1錠で160㎎のアセトアミノフェンが含まれています。

アセトアミノフェンは解熱剤の中では最も安全な成分だそうです。

こちらも医師のお勧めで購入しました。

上記の薬と同様に グレープ味のラムネの様で、

舌で溶かすタイプです。

Advilからも似たようなアセトアミノフェン配合の薬が出ています。

効能もほぼ同じです。

結膜炎・流行り目(Pink eye)

去年の夏に子供が結膜炎に2回もかかりました…

その際にお世話になった薬です。

日本であれば通常、眼科に行くと思いますが、

カナダのお友達に聞くと、

市販の薬で十分とか。

ちなみに Pink eye は目が充血してピンクになることからこの名前。

覚えやすいですね。

Pink eyeは感染力が高いので、気を付けてください!!

どこで購入できるか

基本的にどこでも購入できます (笑)

カナダのスーパーは大きくて、中に薬局があるところが多いです。

例でいうと、

Walmart

London Drugs

Shoppers 

Canadian superstore

等々でも買えちゃいます。

違いは値段くらいです。

まとめ

思い返してみたら、1年の間にも意外に多くの薬にお世話になりました。

番外編では

筋肉痛や腰痛でサロンパスを使用しました

なんとこっちにも売っていました!

 

日本から薬を持ち込む際には 輸入禁止成分が入って居ないかチェックしてください。

念のために、医師からの処方箋薬を持ち込む際は、薬局で英字の薬の説明書を出してもらうといいです。

海外渡航で必要だと言ったらすぐに出してくれるはずです。

私もそうして予備の風邪薬などを処方してもらって少し多めに持ち込みました!

但しあまりにも大量の薬を持っていると、入国審査で止められ、説明を求められるという話を聞きましたので ほどほどに…

私の場合、日本からもいつも使用している正露丸、バファリン、オロナイン軟膏、等持ってきましたが、

大体の薬はカナダでも購入できるので、

あまり心配しなくても大丈夫です!

 

再度になりますが、私は医療の専門家では無いので、

薬を購入する際は、基本的には医師やドラッグストアにある薬剤師さんに聞くことをお勧めします。

手洗い、うがい

そして バランスの取れた健康的な食事、を心掛けて

疲れたら無理せずに休むことが第一です。

そして何よりも 楽しい留学生活を送りましょう(*’▽’)

 

今日もお付き合いありがとうございました!

モチベーションアップになります! ポチっと応援 よろしくお願いします!


カナダランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

コメント