プロフィール

Remembrance Day ~毎年11月11日 戦没者追悼記念日

カナダのイベント

こんにには、Takakuma です。

今日は、カナダに留学するなら知っておきたい、カナダの日常と文化についてご紹介したいと思います。

Remembrance Day

毎年11月11日はRemembrance Day でカナダの祝日でした!

Remembrance Day は 「 戦没者追悼記念日 」です。

第一次世界大戦以降の戦争で亡くなった軍人や、退役軍人らを追悼する日です。

今年は、第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた日からちょうど100周年

子供たちのElementary(小学校)、Middle(中学校)もPro D dayという1か月に1回のお休みが金曜日にありましたので、週末と合わせて4連休となりました

モチーフ:赤いポピーの花

カナダでは、この日の為に、事前に色々な場所で赤いポピーの花のピンバッジが配られます。

私がいつも行くWalmartの前でも 何日も前から赤いポピーの募金箱をもった制服姿の少年少女が立って居ました。

初めは何をしているのか良くが、分からなかったのですが、Remembrance Dayが近づくにつれ、赤いポピーの花を身に着けている人がものすごく増えていき、この日の為だと分かりました!

 

今日すれ違った人の9割くらいの人が赤いポピーを身に着けていました。

ものすごい浸透力! にびっくりしました!

 

日本でも赤い羽根募金とかありますが、それとは比にならないくらいです!

そして、ファッショナブルなとっても可愛い花です。

私も数日前に募金して、お花をもらいました。 お花は裏が針になっているので簡単に服に付けることが出来ますが、小さい子供には注意が必要です。

シール↓ や リストバンド もあるので小さい子供には、そちらの方が安全かもしれません。

募金金額は日本の募金と同様に任意の金額です。

大勢の方が、1、2ドル位 募金しているようです。

赤いポピーの花の由来

そして、なぜ 赤いポピーの花がモチーフとなったのか、

それには、Remembrance Day に朗読される詩が関係しているというので、調べてみました。

カナダ人の軍人 John McCrae (ジョン マクレー)の 詩 に出てくる 赤いポピーの花が由来しているそうです。

この詩はカナダではとっても有名で、学校で朗読されたりもします。

この詩を書いたマクレーさん自身も戦死したそうです・・・

とっても 感慨深いので 少しご紹介したいと思います。訳も付けてみました。詩の訳はちょっと難しいのですが意味が何となく分かっていただければと思います。

★「In Flanders Fields」by John McCrae

In Flanders fields the poppies blow
Between the crosses, row on row
That mark our place; and in the sky
The larks, still bravely singing, fly
Scarce heard amid the guns below.
フランダースの野にポピーの花がそよぐ
自分たちの場所と印され 列になって並ぶ十字架の野に
そして空にはひばりが 勇敢にも歌い飛ぶ、
銃声にその声はかき消されながらも

We are the Dead, Short days ago
We lived, felt dawn, saw sunset glow,
Loved, and were loved, and now we lie
In Flanders fields.
私たちは死者、数日前まで生きていた
朝焼けを感じ、夕日が輝くのを見ていた
愛し、愛され、そして今 ここに横たわる
フランダースの野に。

Take up our quarrel with the foe:
To you from failing hands we throw
The torch; be yours to hold it high.
If ye break faith with us who die
We shall not sleep, though poppies grow.
In Flanders field.

敵との戦いを続けてくれ
衰えた手からあなたに投げるたいまつを
あなた達の手で高く掲げてくれ
もし私たちの信頼を裏切るのなら
我らが眠る事はないだろう、ポピーが育つ
フランダースの野にて。

 

激戦地となったフランダースの地には、赤いポピーの花がたくさん咲いていたそうです…

その光景が目に浮かぶようで、せつない詩ですね。

Remembrance Day のイベント

今年の11月11日Remembrance Day は、日曜日で、

各地で大きなRemembrance Day のイベント が開催されていました。

楽器の演奏やパレードなどが主な内容です。

我が家から少し離れた公園でも パレードがありました。

こういった 地域のイベントは地域のホームページに必ず掲載されるので、留学した際には要チェックですよ!

 

今回は、イベント会場がやや遠かった為、残念ながら生でパレードは見れませんでしたが、朝からニュース番組は Remembrance Day の様子を放映していますので、雰囲気は十分に伝わってきました。

こうして自由で平穏な日々を送ることが出来るのも、過去の沢山の犠牲者がいたからだという事を忘れてはいけないですね。

青空広がる広大なカナダから、改めて、戦争のない平和な世界を望みます…

こういったカナダの文化は改めて素晴らしいと思いました。

 

今日もお付き合いありがとうございました!

モチベーションアップになります! ポチっと応援 よろしくお願いします!


カナダランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメント