プロフィール

カナダからアメリカに入国 陸路の入国方法と注意点(2018年12月最新情報)

カナダライフ

 

娘のチアリーディング大会の為に陸路でアメリカ、オレゴン州 ポートランドまで行ってきました~!!

 

カナダとアメリカが隣接している為、カナダ人にとって、税の安いアメリカに買い物目的でアメリカに行くことは割と良くある事だそうですが、私にとっては初めてのことで、ちょっと緊張しました!

 

そこで 今日は、カナダからアメリカに渡る 方法 手順 注意点を紹介します!!

カナダに留学中だからこそできる、アメリカ旅行 !!

特にバンクーバーに留学している場合は、スタバの誕生の聖地、イチロー選手がプレーしていたマリナーズで有名なシアトルに3時間前後で行かれるので体験してみてもいいかもしれないですね!

 

カナダからアメリカへ陸路(車で)渡る方法

まずカナダとアメリカの国境では このように列に並んで順番を待ちます。

この日は金曜日のお昼の12時頃です。かなりの台数の車がアメリカ入国の順番待ちをしていました。

列は6列くらいあります。(空いているときはレーンは少なくなる可能性あり)

ここで、この列を間違えないように!

「Bus only」「Nexus」「All Vehicle」などと 上の電光掲示板に書かれています。

大体は、Bus 専用が1レーン、Nexusが1レーン、残りが普通の車両なので、多い列に並べば大丈夫です。

が、私はやってしまいました。ずっと右車線にいたので流れで、このNexusの列に並んでしまいました…

 

Nexus とは??

Nexus Card (ネクサスカード)を持っている人のことを指します。

ネクサスカードとは、カナダ人もしくはカナダに永住権のある人で、ネクサスカードを事前に応募して面接を終えた人だけがもらえるカードです。

 

このカードを持っていると、長蛇の列に並ばずに、結構な速さで国境を通過できるのです。カード発行手数料は10ドル程 払うそうですが、頻繁にアメリカに渡るカナダ居住者に嬉しいカードのようです。

簡単に言えば、ディズニーランドのファストパス的な感じ。

 

さて、私はこのNexus Lane に並んでしまったので…スイスイと自分の番が来てしまいました。

Nexus Laneに気が付いたのは手前で ネクサスカードをかざす機械があったからです。

時すでに遅し…

 

入国管理局

はい、この日本の料金所のような感じのこれが入国管理局 です。

 

とにかく、

入国審査官に、レーンを間違えたことをご報告…

 

特に怒られもせずに、オレンジ色の紙を先に立っている係員に見せて、建物内に入るように言われました。

(ホッ!)

 

日本のパスポート保持者は必ず車から降りて、この建物に寄らなければなりません 車を止める場所も支持されますので指定された場所に停めましょう。

ちなみにカナダ人はこのまま通過できます。 本当に気軽に行けてしまう感覚ですね。

入国審査

 

建物内に入って、並んで入国審査の順番を待ちます。

入国審査で聞かれた内容

・アメリカ入国の目的。

・滞在期間。帰国予定日、

・滞在場所。

・ESTA をもっているか?

・カナダから持ってきている物

 

普通の入国審査と同じですね。

そして…

なぜ Nexus Lane に入ったのか? とお叱りを受けました(泣)

 

本来ならば 罰金があるそうで、しかも 一人1500USドル だよ! と。。。

今回は初めての入国で、 見逃してもらえました…

危ない 危ない!

というわけで、並ぶ列は絶対に間違えないように気を付けてください!

ESTAは必要ないけど、あった方がいい!!

 

ESTAとは??

さて、アメリカに入国する際に必要なのがビザ(VISA)です。

ESTAは空路で(飛行機で) アメリカ入国する際に必要なVISAです。

陸路ではESTAは必要ないのですが、実は、これを事前にオンラインで申請して取っておくと、陸路のVISA (I-94W)に記入する内容が減って 大幅に時間削減できます!!

ちなみにESTAの有効期限は2年間。 ただし、新しいパスポートに更新した場合はまた新たにESTAの申請をする必要があります。

なので、面倒な手続きが嫌いな方は、ESTAはあった方がいいと個人的には思います。

 

さて、入国審査官に、ESTAを持っているかを聞かれて、「持ってる」と言うと、審査官も 「Perfect !」 と嬉しそう…

(多分、相当面倒くさいのでしょう…)

 

審査官から手渡された I-94wの白い用紙にその場で記入したのは、住所などの個人情報と、犯罪歴の項目くらいで簡単でした。

そして そのI-94wの用紙をホチキスでパスポートにとめてくれます。

この紙が3か月間有効な陸路用のVISAなので、アメリカに3か月以内に再入国の予定がない場合は、アメリカを出国する際に返却する必要がある」と口頭で説明されました。

紙の裏面にも同じ内容の事が書いてあります。が、基本 見ないですね…

 

カナダドルはここから使えない…

I-94wを貰うときに、審査官に白紙の紙を渡されるので、それをサイドにあるキャッシャーで渡し、手数料一人6ドルを払います。

この時はクレジットカードかアメリカドルで支払います。

ここからもうカナダドルは使えないですよ。 事前にアメリカドルを用意しておくことをお勧めします。

アメリカに持ち込めない物

持ってきた物に関しては、後々面倒なこのになる場合があるので、嘘はつかない方がいいです。

 

ちなみに 私たちは、ミカンと、スナック菓子を持ってきていたので審査官にそれを言いました。

すると、手数料を支払った後に検疫に寄るように言われました。

 

言われた通りに検疫に寄って、持ってきたものを言いました。

すると、

車のカギを渡すように言われ、渡して暫く待ちました。

なんと、

ちゃんと車にチェックしに行くんですね~!!

ちょっとびっくりΣ(゚Д゚)

持ってきたものを正直に言っておいて良かった~

戻ってきた係員に害虫などの観点から、ミカンはダメだと言われ没収されました…

食べておけばよかった(笑)

係員が 堂々たる体格だったので、「この人、食べるな・・・」とか余計なことを考えてしまいました(笑)

陸路だからと気楽な気持ちで準備したのですが、基本的には 空路でアメリカに入国する際に禁止されている物と同じですね。空が陸に代わっただけですから…

肉類、土、果物、などは基本ダメですね。

アメリカに持ち込み禁止物はその都度変わるので、細かくチェックしてください。

審査に必要な所要時間

待ち時間も含めて所要時間は大体30分くらいでしょうか。

金曜だったので、月~木はもっと空いていて早いかもしれません。

 

しかし、混んでいる場合2時間なんてこともあるそうです( ゚Д゚)

 

審査が終了して、建物から出たら、後は 車に乗り込み、最後に渡された小さい紙を車が通過する場所にあるまたしても料金所のような小屋にいる審査官に渡して完了です。

 

なんともないことですが、初めての経験で多少ドキドキしました。

特に罰金の話をされた時は焦りましたね・・・

I-94w の返却を忘れない!!

最後の注意点!! これが、一番 失敗していまうのかもしれないのですが、入国審査官に、言われたアレです…

アメリカに3か月以内に再訪する予定が無い方は、ホチキスで留めてもらったI-94wをアメリカ出国時に返却すること!!

なんと、アメリカを出国してカナダに入国する際に、基本的には審査官はこのI-94wを返却するかしないか聞いてくれません!! 

しかも、私が記憶している限り、辺りを見渡してもどこにも書いてません!!

だからうっかりしていると忘れます…

カナダ側はアメリカのビザの事なんて関係ないよ~ってわけですね。

 

私は疲れた体で、夜中に帰国したので、まんまと忘れました…

返却を忘れたら??

忘れた場合は郵送か、国境に戻って返却、または、空港内の所定の場所で返却できますが、どれも面倒ですので、忘れないのが とにかくベストです。

3か月以内にまたアメリカに行く予定が確実ではない場合、 返しちゃった方がいい場合もあります。

 

私は、結局 翌日に国境まで返しに行きました…

トホホ…

 

I-94を返却する際にもまた国境で入国と同じように列に並び、建物に寄って、審査官に返します。

その際に聞かれた事は特にありません。

 

「なんで 忘れちゃったの?有効期限あるのに、カジノやモールにも来ないの??近いのに~。」

と言われました。

 

入国時と態度が明らかに違う…(笑)

 

以上の注意点に気を付けていただければ、手軽にアメリカ旅行をしたりすることも可能ですので、参考になさってくださいね!

 

今日もお付き合いありがとうございました!

モチベーションアップになります! ポチっと応援 よろしくお願いします!


カナダランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 親子留学・ジュニア留学へ
にほんブログ村

インスタ(日本語と英語で書いてます)のフォローもよろしくお願いします!

ツィッターは主に使える英語など勉強アカウントです。たまに子供が登場します! 子供の留学中に親も一緒に勉強しましょう!

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 通りすがり より:

    突然のコメント失礼いたします。有益な情報とても参考になりました!ありがとうございます。ただ一点、ESTAの有効期間は2年間ではないでしょうか?